本文へジャンプ
東戸塚駅 東口
〒244-0801 横浜市戸塚区品濃町517-6
TEL 045-824-1717
 
 矯正治療の手順と費用


初診
これが矯正治療のスタートになります。患者さんの口腔写真を撮って画面に写して説明します。ご自身の口の中の初めて見るアングルに驚かれます。  
初診はあくまでも相談であって、治療開始は患者さんに決めていただきます。ご家族でよく話し合ってください。治療のための検査を希望されるときにはお電話で予約を取ってください。
    

検査

矯正治療開始するには十分な情報と慎重な計画立案が必要です。頭部レントゲン写真、顎骨のレントゲン写真、歯形模型などを作ります。

診断

検査結果に基づいて治療方針を立てます。治療方針に患者さんの了解をいただいて、初めて治療準備にとりかかれます。

治療

装置を使っての治療が開始されます。患者さんの状態によっては永久歯の萌出をまっていることもあります。  
 

保定

歯並びが治っても、装置を外してそのままにして置くと、後戻りしてでこぼこなどが再発します。リテーナーという保定装置を入れて後戻りを防ぎます。
 

観察

保定後、装置をやめてもその後の戻りがないか、変化がないかを時々見せてもらいます。


 治療例

実際に治療した患者さん(A子さん)の場合で説明します。写真の掲載を頼んだところ私が原稿をかいてあげるということになりお願いしました。一部につけくわえたりしました。
当時本当にこのイラストによく似た格好をしてました、楽しい子でした。


では、私の紹介です。
これが矯正に残っている私の歯並びの 写真です。治療前・中・後です。
え!、顔の写真?それは非公開。イラストから想像して。これより少し美人なくらいです

治療前

装置を付けた所
上だけ先につけました

治療後


 私がどんなふうに治療を受けたかお話しします。

はじめに治療費。これ重要ですよね。
私の場合は 一番はじめの初診料が3150円
その後、検査診断料が52500円そして
装置料、治療料の合計が714000円でした。


だいたい2年くらいで矯正装置(ブラケットといいます。)が外せて、その後で保定装置を2年くらいつかいました。
装置を付けている間は1ヶ月に1度、保定装置になってからは3〜6ヶ月ごとくらいの通院でした。

保定装置が終わってからも時々検診にくるように言われていて、半年ごとに来ています。
親知らずがきれいに生えるか、抜くかするまで見せに来なさいと言われています。
本当に長いつきあいになっています。しょうがないか。



 矯正治療はこんな感じで進んでいきます。 
 

最初はお母さんと一緒に矯正の相談に行きました。(初診)
 
そのとき写真を撮って、後で相談のテーブルでパソコンの画面に写して説明してくれます。
自分のくちの中を見るのは少し怖いです。 
矯正の装置、治療期間、治療費などの説明を聞きました。
説明の紙をもらって、家で相談してから治療を始めるかどうか返事をすることして、その日は終わりました。

お父さんとも相談して、治療を受けることに決めて、予約の電話をして検査を受けました。         
歯の型を取ったり、レントゲンを撮ったり・・・。
 
2週間くらい後に、検査の結果と治療方法の説明がありました。
そのときはお母さんも来るように言われていましたが、お父さんもついてきました。(診断)
永久歯を抜くかもしれないと言われていましたが、抜かずに治すことに決まり、ラッキー◎
 
装置を付けると3日くらい痛いので試験や旅行の前は避けた方がいい、といわれていたので、クラブの暇な時に装置を付けることにしました。           

装置を付けてみると、やっぱり3日くらい痛かった。とにかく歯みがきがめんどう。装置を付けたときに指導を受けたけど、なかなかうまくはいかなかった。 
 
1ヶ月後、矯正の調整の日、前回もらった歯みがきセットを持って通院。治療前に汚れの染め出し液を使ってうがいをする。しっかり汚れが見つかってそこのみがき直しを言われた。
この日は早く終わった。
 
その後は1月に1回くらいで、まじめに通いました。はじめのころは邪魔な感じがしたけど、1月もかからないで慣れてしまった。
装置を付ける前は友達の反応を心配していたのにほとんど反応なしで心配して損した。
 


2年近く経ったある日、「さあ、次の治療の日に外すよ。」といわれ、にっこり◎◎
 
ついに装置を外す日がきた。カチカチと歯から器具を取っていった。
意外に簡単に取れてしまう。
器具がなくなると歯の表面がヌルヌルした感じがする。
くちびるが矯正装置になれてしまったためだよ。と言われた。お父さんには今日外すと言っていなかったのでいつ気がつくか楽しみにしておく。

 以上、A子さんのメモで治療の流れはわかっていただけたでしょうか?  
  
   

       

治療費の説明

一般的なAさんの様に(小学生高学年〜高校生)永久歯に交換が終わっている方で、ブラケット装置をつけて矯正治療をする場合

■初診料       3150円 (すべて税込)

■検査/診断料   52500円

■治療費総額    714000円 (調整料もふくむ)

この3つの費用をお支払いいただきます。
この治療費を治療開始時に契約させていただきます。この金額は治療終了までの総合計で途中で装置に変更があっても、追加などのご心配はありません。また、2年間の分割支払い可能です。(手数料、利息のようなものは不要です。)         

□症状によってはA子さんより治療が難しく、期間も長くかかる場合がありますが、そのような方の場合には費用が余分にかかり、 82万円くらいになってしまいます。

□透明なブラケット
目立たない透明〜半透明のブラケットがあります。これを使う場合には材料費の差額分として 31500円 加算させていただきます
      


乳歯と永久歯が混在しているお子さんの場合(前期治療)  乳歯列、または乳歯、永久歯が混ざっている時期にも矯正治療を開始する必要なお子さんがたくさんいます。     

そのような方の場合は、42万円を前期治療費としてお支払いいただきます。永久歯がそろった時点で後期治療が必要な場合は残りの金額(294000〜)をお支払いいただくことになりますが、前期治療だけで問題が解決したりで後期治療を必要とされない方の場合はその分の費用は不要です。    
       

□そのほかにも成人の方で、義歯製作のための前準備としての矯正治療など様々なケースがありますが、そのようなときはそれぞれ見せていただいてから、費用について説明させていただいています。    
               
□もちろん、治療を始める前にその費用は提示して、十分にご納得いただいてから治療を始めています。